top of page

喘息発作を起こさないために

喘息は乳児期より始まり、一度発作が出てしまうとなかなか症状が改善しません。発作を繰り返すことで呼吸機能が落ちていくため、最良の喘息管理は発作を起こさないことです。しかし、聴診やレントゲン検査だけでは分からない発作も多いため、当院では呼吸機能検査(スパイロメトリー)によって正確な病状把握が可能です。長期間喘息で悩まないためにも、また将来の呼吸機能を保つためにも、軽い症状でも放っておかないようにしましょう。


閲覧数:210回

最新記事

すべて表示

MR(麻疹風疹混合)ワクチンについて

全国的にも不足しているMRワクチンですが、現在年長さん(来月から小学生)のお子さんは3月中に打たなければ市町村からの補助が出ません。 玉名市でもワクチンは不足しているため年長さんでも打てていないお子様が多数いる現状ですが、玉名市に問い合わせましたが打てなかったお子様の4月以降の補助はしないとの回答でした。今後もそういったお子様の救済措置は検討しないとのことです。 当院ではそのようなお子様が出来るだ

Comments


bottom of page